2017/10/04

大事なお知らせ


いつもasobiusを応援いただき、誠にありがとうございます。
この度、年内をもちましてVo.甲斐一斗以外の、Gt.髙橋真作、Ba.海北真、Dr.石川直吉メンバー3人の脱退が決定いたしました。

これまで精力的に活動を続けてまいりましたがメンバー・スタッフで何度も話し合い、このような結論に至りました。
突然のご報告で、ご心配をおかけしてしまい申し訳ございません。
後から振り返った時に前向きな決断であったと誇れるよう精進していきます。

それに伴いまして現体制でのラストライブが決定いたしましたのでご報告させていただきます。
12/18(月)に現4人体制のバンド形式として最後のワンマンライブ「asobius one-man show『DOORS』」を下北沢ERAで行います。

現体制で残されたライブは10/9(月・祝)@渋谷asia、10/26(木)@高田馬場CLUB PHASEと12月のワンマンのみになりますが、より一層心を込めて演奏します。

今後それぞれが進む道を温かく見守っていただけますよう、何卒よろしくお願いいたします。
2017/10/4 asobius

============================================
Gt.髙橋真作

沢山取っ組み合いをして笑って泣いて作った楽曲が、色々な土地に連れて行ってくれて多くの人に景色に出会わせてくれました。そんなasobiusは胸を張って誇りです。

気が付けば自分の中で3rd full albumをリリースする事が目標になっていて、『YES』をリリースしてからasobiusのメンバーとして次の目標が思いつきませんでした。

音楽は辞めません。すぐに動きだすかもしれないし、のんびりやるかもしれません。ただ、またいつかどんな形であれ会いたい人が全国にいます。

支えて下さったファンの方々、関係者の皆様、とても貴重で幸せな時間を本当にありがとうございました。
============================================
Ba.海北真

この度asobiusを脱退させて頂きます。
まず一番に応援して下さったファンの皆様には本当に感謝しております。
脱退理由としましては、一個人の未来として今居るステージでは無く別のステージで戦ってみたいと思ったのが一番の理由です。

asobiusでの6年間ではたくさんの貴重な経験を貰いましたが、
自分自身この先まだまだ長い人生の中で人間として、より成長して行く為にはここに居るだけではこの環境に甘えてしまい成長出来ないとそう思いました。
知らず知らずのうちに「家」のような存在になってしまい、
気付いたら家の中より何億倍もある世界に足を一歩も踏み出していない事に気付きました。

個人の話にはなりますが、何事も外に出て新たな出会いを求め、そこで善し悪し関係無くどちらの面からも刺激を受けそこから得たモノを還元していたい人間ではあるので、
今回の脱退は挑戦という言葉が一番自分の中でしっくり来る言葉だと思います。
本当にありがとうございました!
============================================
Dr.石川直吉

日頃このバンドを通じて会ってくれる、褒めてくれる、自分を支えてくださっている皆さんの顔が真っ先に浮かびます。
悲しませてしまってごめんなさい。
メンバーとして過ごしたこの二年半は、自分の音楽人生の中で一番の喜怒哀楽があった時間です。
このかけがえのない気持ちを絶対捨てたりしません。
人生の最後の最後までつなげていきます。

この度、asobiusを脱退します。
そして、自分はミュージシャンを辞めます。
中学二年生から、片田舎でまず一人で始めてみたドラムが、やがてバンドの音になって、演奏家としてここまで続けてこられて、素敵な景色を沢山見れて、
充実した音楽家人生を過ごせました。
食えなくても一生音楽をやり続けようと思ったときも、全て捨ててでも明日からここに来たくはないと思ったときもありましたが、駆け抜けたこの音楽活動12年間に一切の悔いもありません。

自分が音楽を始めたことによって出会えた、
出会ってくれた全ての皆さんに感謝を届けたいです。
心の底から、ありがとうございます。
またいつか会ってください。
============================================
Vo.甲斐一斗

asobius Vo.甲斐です。
これまで応援してくれた人達や関わってくれた方々へ本当に心からありがとうございました。
この度12/18のワンマンを以ってasobiusより僕以外のメンバーが脱退します。
こう聞くとむしろ解散じゃないのかとか、問題があったのかと心配をかけてしまうと思うので、お話をさせていただきます。

元々去年新体制になった時に、もう一枚自分達が納得のいくCDを出して、満足のいく結果が出なかったら解散しよう。とメンバー全員心を決めていました。
その覚悟で心機一転完成したアルバムは今のシーンで唯一無二、本当に良い物が出来たし、最高傑作だと今でも自負しています。

その最高のアルバムを世の中に送り出しましたが、その結果に自分達は満足する事が出来ませんでした。
そして改めて話し合いをした時に、僕がasobiusという名前を残したい。
数ヶ月前に、自分がバンドを始めるきっかけになったバンドと共演し、一人のミュージシャンとしてその報告が出来た時から、名前を残す事の感動や大切さがずっと心に残っているという想いを伝えました。

その結果、再開するかどうかも分からない活動休止という選択肢よりも、僕以外のメンバーが脱退という形式を取って、asobiusという名前をこの先も繋いでいく事になりました。
asobiusはみんなのものなのに、それでも僕の想いを理解し尊重してくれたメンバーには感謝が尽きません。

正直自分でもなんで潔く解散じゃないんだろうとか、ファンや関わってくれた人達は許してくれないんじゃないかという想いはあります。
このメンバーでみんなの願いを叶えていく事、笑顔にしていく事を出来なくなるのはとても寂しいし、自分の力不足や申し訳ない気持ちで一杯です。

その上で、立ち止まりたくない、応援してくれている人達と交わした約束を果たしたい、もっとこんな音楽の届け方がしたい、こんな曲のアイデアを形にしたい、そういった数え切れない自分のワガママを貫く事を選びました。

実質、バンドとしては解散だと考えています。
なので、今後の活動予定についても、まだこのメンバーと共に音を鳴らせる機会があるうちはやりきる事に専念したいので発表は控えさせていただきます。

ライブも残り少ないですが今までと変わらず、いやより一層、最高の音楽を届けるので是非会いに来てください。
ファンや応援してくれてるみんな、僕らの音楽を心からイイと言って背中を押し続けてくれた関係者やレコード会社の皆様、そしてこれまでasobiusをずっと一緒に続けてくれたメンバー。
本当に本当にありがとうございました。
============================================

asobius one-man show『DOORS』
12/18(月) 下北沢 ERA
一般発売 10/7(土) 10:00〜
詳細はライブページ→http://asobius.com/sc